Pilates Lover’s Party

2020年5月2日(土)ピラティスイベントを開催したい!

その名も

Pilates Lover’s Party (ピラティス ラバーズ パーティー)

略して

PLP 5・2

PLP5・2 開催予定!

毎年5月の第1土曜日にPMAが開催している「ピラティス・デイ」という世界規模のピラティスイベントに合わせて、無料ピラティスレッスンを開催したいと考えています。

PMAはPilates Method Alliance(ピラティス メソッド アライアンス)の略で、ピラティス指導者の国際的な資格、教育基準を設定している非営利組織です。

目的はピラティスを広めたい!

今は場所も具体的な内容も決まっておらず、仲間すら集まっていません。
正直「言ったもののヤベェな・・・」という感じですが、
言ったからにはやるしかない!と、
今は必死のパッチで仲間を募集しております!

その仲間集めですが、なにしろ超見切り発信で「やろう!」と言ってしまったため
「協力したくても何をやるのかわからない?」
「周りに呼びかけるにも内容がザックリすぎて・・・」

といったお声をいただいたり

全く違う内容をイメージして
「それじゃ協力できないね!」
と最悪の勘違いをさせてしまっていて、反省とともにちゃんと目的をお伝えしようと思います。

人との繋がりで成功させたい

僕がなぜこのイベントをやろうと思ったのか、、、
それは前回の記事に関連しているのでコチラをご覧ください→ピラティス・メソッド COMMUNICATION

ザックリ言うと
沢山の人との繋がりで、ピラティスを広め、盛り上げて「ピラティス・メッソドの本質」を後世に伝えていきたい。
ここで僕が大事にしたいのは「沢山の人と繋がって」です!

人との繋がりってホント無敵で、人が集まれば可能性は無限に広がるし、力になります。
僕は基本的に人に頼って助けられて生きているので、出会った方々には常に感謝しないと生きていられないと思います。

しかもこの繋がりは、自分が置かれている立場(例えば指導者とお客さん、ピラティス経験者と未経験者)や目的は関係なくて
先日作ったグループのピラティス・メソッド COMMUNICATIONなら「ピラティス」の共通ワードだけで良いし、PLP5・2だったら「イベントをやりたい!」が共通目的にあれば良いと思っています。
もっというと「この人がいるならやってみよう」でもいいわけです。

特にイベントは音響、映像、物販、ロゴのデザインなどなど、ピラティスに関係ないことが山ほどあるので、自分の分野以外の人と関わることで、イベントのクオリティが何倍にも膨れ上がると思っています。
それぞれの得意とする分野は任せてしまえばいいし、自分のやりたいことに全力で取り組めるといった感じです。

結局のところ、シンプルに僕だけの力じゃ何もできないので皆さんの力を貸して下さい!です。

※この考えは僕が入っているオンラインサロンの西野亮廣さんの考えを僕なりに取り入れてみてます

絶対に成功させたい理由

例えば今回のイベント名「Pilates Lover’s Party」は、僕の何千倍も英語力を持っているピラティス仲間に名付けてもらいました。

僕が当初考えていたものを直訳すると
「ピラティスさんはパーティーが好き!」という
尊敬するピラティスさんを、なんとパリピ扱いしてしまっていた大馬鹿野郎なネーミングだったのですが、それを瞬時に
「ピラティスが好きな人の集まり」
に変えてくれたというエピソードがあります 笑

結局のところ、僕が悩んだり考えたりしていた何倍もの速さでイベント名が決まり、しかも僕のコンセプトやイベントへの思いを酌んでくれてのネーミングだったので、超絶感動して即決しました!

で人との繋がりの話に戻すと

僕は仲間に相談したことでめちゃくちゃ良いイベント名が決まって大満足してます!
で、今その仲間は「僕に協力してくれた」というだけで、僕は何も恩を返せていません。

でもここで本当にイベントが成功したら、、、
もっと言うと、僕はこのイベントを1回で終わらせる気はなくて、例えば今回の目標参加者数は100名ですが、来年はプラス50名、次は更に50名、、、みたいにイベント自体も大きくしていきたいと思っています。

そうなった時に、「Pilates Lover’s Party楽しかったねー」と何百人の心に残れば、その仲間も「このイベント名私が考えたの!」って喜んでくれると思うんですよ。

Pilates Lover’s Partyってめっちゃイイ名前ですよね」って人がいたら、「実は最初はね、尊敬するピラティスさんをパリピ扱いしたネーミングで、、、」って一から説明しますよ!笑

要は、イベントを成功させることがその仲間への最大の恩返しで、それはこの先関わってくれるメンバー全員に共通することなので、やるからには絶対成功させないとダメなんですよね!

もう一つの目的

今回のイベントはあくまでピラティスを広める!ですが、イベントの成功によるメンバーの利益を大事にしたいと思っています。

イベントを成功させて楽しい!みんなと成し遂げる達成感が嬉しい!以外に、イベントが成功することでその人の人生が変わればいいなと思っています。

例えばレッスンを担当するインストラクターさんを例にあげると
今回レッスンを担当してしてくださるインストラクターさんに一番大事にしてほしいのは、知名度や経歴じゃなくて「想い」です!

先日こんなお声をいただきました。
「有名な講師が来るなら周りに参加を呼びかけられるよ、、、」と、めっちゃありがたかったです。
これを聞いて、もう一つの目的をもっと早く伝えるべきだった、、、と思えたのですが。

例えば、有名な講師さんがいて、その周りのスタッフ・指導者・スタジオのお客さん・ほとんどが顔見知りみたいなイベントはよくありますが、今回のイベントはあくまでピラティスを広めるなので、お客さんもピラティス未経験者や経験の浅い人をターゲットにしたいです。

なので、有名な講師さんの知名度で指導者や関係者がお客さんとして集まるのは望んでいないわけです。

まぁ呼びたくても呼べる力はないのでそこは無視しときましょ 笑

なので、むしろこれから知名度や実績を上げたいと思うインストラクターさんがメンバーとしてたくさん集まってもらうほうが、僕のもう一つの目的は達成されるわけです!

参加したメンバーは、成功すればするほど自身にも繋がるし、個人の名前も売れるし、その後のインストラクター活動の幅も広がることに繋がればめちゃくちゃいいなと思っています!

参加するインストラクターさんとは最低限の意思疎通は図りますが、基本的にスキルどうこうよりピラティスを広めたい、ピラティスが好きの想いが強い人であれば僕はいいかなと思います。

そう考えると人によっては、お客さんよりスタッフの方が得るものは大きいですし、イベント成功だけじゃなくてそれぞれが他に目的を持ってイベントに取り組んでもらうことが成功の鍵になりそうです!

まとめ

とりあえず今回の記事で、2020年5月2日(土)開催予定
Pilates Lover’s Party (ピラティス ラバーズ パーティー)
表の目的(ピラティスを広めたい)と裏の目的(イベントを通じて人と繋がりたい)をご理解いただけたでしょうか。

次回はもう少し具体的に、今考えている内容を紹介しますので、またご覧ください!

最後までご覧いただいて、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です